美術収集家の節税対策講座

印鑑文化が浸透しているので、認印という言葉はよく耳にするだけでなく使用している人も多いのではないのでしょうか。

宅配便の受け取りや書類への捺印など認印を利用する機会は日常生活で多くあります。

最近は、デジタル化の普及によって印鑑を使用する機会は徐々に減りつつありますが、まだまだ認印は日常生活で欠かせない存在となっています。

印鑑には認印以外にも銀行の口座開設時に登録する銀行印と、市区町村の役所や役場に登録する実印があります。

そして、三文判やシャチハタと呼ばれる印鑑もありますが、これらは認印であることは知らない人も多いです。

そこで今回は認印・三文判・シャチハタを詳しく解説して違いや用途などを紹介していきたいと思います。

三文判とは

認印は、実印や銀行印などと違い、どこにも登録されていない印鑑で署名の代わりに使ったり、契約書等の記載内容を承認したりする際に証拠として捺印します。

そして、認印の1種である三文判は100円ショップ等で販売されている激安印鑑のことです。

三文判は、工場などで大量生産することで原価を圧縮させ、さらにプラスチック素材など安い素材を用いることで100円でも販売できています。

ただし、プラスチック製品であるため耐久性は非常に悪く、字体もシンプルで画一的なので簡単にコピーされてしまうリスクがあります。

認印は役所に登録すれば実印に、銀行に登録すれば銀行印になるので、三文判でも実印や銀行印として使える可能性はあります。

しかし、悪用されたり、耐久性が悪かったりとデメリットが多いため、三文判での登録を禁止している自治体もあるので注意が必要です。

そもそも三文判は複製されるリスクも高いので実印や銀行印には向いていません。

認印として利用する際は、損失の少ない場面での利用に留めることをおすすめします。

「二束三文」という安かろう悪かろうの意味を表す言葉があるように三文判は安くて粗悪な印鑑という意味なので、使い方には十分注意しましょう。

シャチハタとは

シャチハタとは、朱肉一体型の印鑑で手軽に押すことができるのが便利で非常に人気の高い印鑑です。

そもそも、シャチハタとはシャチハタ株式会社のことであり、朱肉一体型の印鑑を開発し普及させたことから、商品名よりも会社名のほうが世間で認知され、一般的に「ネーム印」として販売されている印鑑もすべてシャチハタと呼ばれています。

書類で印鑑が必要な際もシャチハタ不可と記載されているくらい社会に浸透しています。

スパークリングワインの1つであるシャンパンが有名過ぎて、みんなスパークリングワインのことをシャンパンと呼んでいるケースと似ていますね。

ちなみに、シャチハタ不可と記載されていると言いましたが、シャチハタは認印でも使用できないことがあります。

特に書面に押す印鑑はシャチハタが不可能なケースがほとんどです。

ネーム印などの朱肉一体型の印鑑は、印面がゴムなので、変形しやすく印面が変わってしまう可能性があるからです。

したがって、シャチハタは宅配便や回覧板で使用や、会社の書面で確認印として使う程度に留まります。

【まとめ】

認印は様々な場面で利用するため社会人なら一人一個は持っていると言っても過言ではありません。

そんな認印について今回は三文判やシャチハタについて紹介しましたが、印鑑文化は歴史が長いことから奥が深く、まだまだ様々な特徴やポイント並びに注意点があります。

下記で紹介しているLogg-in.comでは、印鑑について詳しく解説してくれているので一度確認してみることをおすすめします。

情報量が豊富で非常に役立つため、私もいつもチェックしています。

特に印鑑通販サイトの比較が適格です。

ぜひ、印鑑作りの参考にしてみてください。

認印の作成・購入前に!実印との違いやおすすめ印鑑通販サイトを比較